商標と標章の違いを教えてください。
標章とは、人の知覚によって認識することができるもののうち、文字、図形、記号、立体的形状若しくは色彩又はこれらの結合、音その他政令で定めるものをいいます。

商標とは、標章のうち、

一  業として商品を生産し、証明し、又は譲渡する者がその商品について使用をするもの
二  業として役務を提供し、又は証明する者がその役務について使用をするもの(前号に掲げるものを除く。)

つまり標章は、商標よりも広い概念であり、標章のうち業として使用するもののことを商標といいます。標章は、使用されてはじめて商標としての機能を発揮するするものであり、使用することにより価値が高まるものです。

使用しない商標については、登録が認められません。商標法3条1項柱書では、自己の業務に係る商品又は役務について使用をする商標については、商標登録を受けることができると規定されているからです。ただし、必ずしも出願時に使用していなければならないわけではありません。近い将来、登録から3年以内程度に使用する意思があれば、登録が認められます。

登録しても、登録日から3年以上使用していない商標については、不使用取消審判で登録が取り消される可能性もあります。使用していない商標登録が多く存在することは、第三者の商標選択の余地を奪うことになってしまいます。このような空権化した権利の存続を整理するために、不使用取消審判が認められています。

商標について、もっと詳しく知りたい場合は、
こちらのサイトの、よくある質問 Q&A のページも、とても参考になります。







戻る