商標ってなに?
商標は、私たちの生活に身近なものです。

例えば、冷凍庫の中にあるアイスクリームのパッケージを見てください。
「ハーゲンダッツ」 かもしれませんし、「ガリガリ君」 「あずきバー」 「雪見だいふく」 
かもしれませんが、これらすべてが商標です。

分かりやすく言うと商標は、商品の名前や、会社名などのことです。

私たちは、商品を買ったり、サービスを受けたいと思った時に、多くの商品群の中から、 商品名や会社名(製造元)などを頼りに商品を選びます。 一定の商品名が付された商品は、以前食べた時と同じ品質を保証してくれることを期待して(信用して)購入するからです。

このように商標は、その使用により化体した業務上の信用に価値があるものなのです。

他のサイトで参考になるサイトは、
商標登録ドメインのサイトや、
商標登録についての分かりやすい解説などいろいろとあります。



なぜ登録するの?
日本の商標法では、先願主義を採用しています。 先に使用していた者ではなく、先に出願し登録した者に権利を与えるという主義です。 登録がされれば、商標権者は、その商標を独占的に使用できます。また他人の使用を排除できます。

一方で登録せずに使用していた場合、その商標が、他人に先に登録されることにより、使用できなくなってしまうこともあります。それまでの使用による業務上の信用や、営業努力などが水の泡となってしまいます。 商標は、適切に登録することをお勧めします。

登録するために必要な3ステップ!
登録したい商標がきまったら・・・

@ どんな商品や役務に使用するのかを検討する必要があります。

出願の際には、商品や役務を指定して出願する必要がありますし、権利化後は、それが権利範囲となります。商品や役務は、政令で定める商品及び役務の区分に従って指定する必要があります。間違った商品や役務を指定すると、せっかく権利を取得しても、使い物にならない場合もあります。
どのような商品や役務に該当するのか分からない場合は、お気軽にお問い合わせください。

A 調査を行います。

既に同じようなものが出願・登録されていないかどうかの調査を行います。
既に同じようなものが出願・登録されている場合には、登録が認められません。
その他にも、識別力があるものかどうかの検討を行い、登録の可能性を判断します。

B 出願を行います。

出願書類を作成したら、特許庁に出願します。
審査には、およそ4ヵ月〜6ヵ月程度かかります。
審査の結果、登録が認められれば、登録料を払い、商標権が設定登録されます。